某買取屋の備忘録

脱サラして買取屋をやってみたけど・・・

集客 いつもご覧頂きありがとうございます。

毎度毎度ではございます、メールを確認するのが3か月?に一度で、ご迷惑をおかけしています。

 

先日、あ!そうだっと思って確認してみますと、昨年からのメールが届いていました。

慌てて、電話が記載されている人にはお電話を、メールの方はメールでお返しいたしました。

なんと皆さんお返事いただき、お手数おかけしました。

 

残念なのは昨年10月開業の方は、笑いながら年末に閉店しました。

私が「すいません」と話しますと、「いやいや自分の力の無さです」

と豪快に笑っていました。

私は、もっと早くご連絡出来ていたら、と言いかけて生意気でおこがましいですよね、

あわてて訂正いたしました。

その方は、お弁当屋蕎麦屋、宅配お弁当屋となされて、最後に買取屋に挑戦されて

すべて閉店されたそうです。

その方は、「私はいつも思い付きでやってみよう」、といって挑戦されるそうです。

でも、直ぐに飽きたり、上手くいきだすと、お金を貯めないでに遊びに行くから、

ダメなんです、と言っていました。

宅配弁当はそこそこ上手くいったらしく、半年で投下資金を回収して、

心が緩んだとおしゃいっていました。

話し方も、とても丁寧で面白く、半年で回収は、商才のある方だな~と感じました。

次はもう何か決まっているんですか?問いかけますと

いったん就職して、お金を貯めて、また思いつけば挑戦します、とパワフルなお返事。

私も力を貰いました。

最後にこの電話の話、書いて良いですか?名前や分かるような事はかきませんから。

返事は、もちろんOK。

ありがとうございます。

この電話の後、何人か電話とメールをさしていただき、終わったのが夜の12時前でした。

 

ふ~とため息の様な呼吸した時、携帯がなり「もしもし」

B子から電話です。「何してんの~飲もうよ~」

私と会った事のある方は、ご存知ですが、眉目秀麗な男ではございません。

チビ、デブ,、ハゲ?いやいやハゲてはいませんが二冠は持っています。

そんな私を飲みに誘う女は、そこそこの・・・いい女にしときましょう。

B子、いまお店おわったから飲みに行こうよ~

そう彼女は某クラブのホステスさん(最近言わないかホステス)

私はクラブのおね~ちゃんと呼ぶ。

このおね~ちゃんのクモの巣に引っ掛かったタイプだ。

 

仲間と飲んだ後、一人でよくバーに行く、

大人になったら一人でバーで葉巻をくゆらすのが夢だった、しかしタバコはやめたので

その夢は叶わずじまいだ。

とあるバーに網を張っていたのが、B子だ。

彼女はお店を上がった後、近くのバーで獲物を探し飲み歩いていたらしい。

数か月前に、いつもと違う帰り道を歩いていると、

あれこんなとこにバーがあるじゃないか、

まるで[笑ゥせぇるすまん]に出てくる様に、引き込まれ入店。

お客さんはゼロ、カウンターのとまり木に腰を下ろした。

マスター、「ウォッカマティーニをステアせずにシェィクで」と言いたいけれど

マスター、「角のハイボールお願いします」

 

 

どう見たって007じゃなくて、それこそ喪黒福蔵といわれても間違いじゃない。

ちまちまとハイボールを喉に流し込んで、妄想にふけっていると、

カランコロンカランと下駄の音、おい鬼太郎!

違う違うドアチャイムが鳴り、猫娘が・・・ひつこいな、やめとこ

そこそこの女性が入ってきました、そうB子です。

私の右隣りを一つ空けて、カウンターに手を付きながら、腰を下ろしました。

B子は慣れた調子で「マスター、キール・ロワイヤル」とは言わなかった、

「マスター、セックス・オン・ザ・ビーチ

私はセックスの言葉で、彼女をガン見してしまい、完全にドーン!!!

f:id:excel1020:20200118155045j:plain

破滅の道へ引き込まれました。(破滅してないけど)

B子、こんばんは~カンパ~イって!

後は彼女のペースで最低月一誘われます。

早い時間の時は、ご飯を食べて、ご馳走様じゃあね!と言うもんですから

オイオイ店行かなくてもいいのか?と口を滑らすと、え!いいのと満面の笑み

手口が分かっていても、素知らぬふり

彼女はこうして、指名客を獲得するそうだ。

私はまんまと引っ掛かった。

しかし、商売ですから、お客様に嫌がられずお店に来てもらう手法と言いますか

集客の仕方は努力が必用なんですね。

 

近くの立ち飲み屋にいったら、今まで、話した事もないマスターが

毎度と声を掛けてきました。

私は今日で3回目だよと返すと、

マスターは「一度は様子、二度は顔見知り、三度は常連だよ」

私、顔が少し綻びました。

今では本当に常連になってしまった。

 

お店を開店して、いかに集客するか、如何に常連にするか。

店主さんの努力、心遣いですね。

 

これからはなるべく早くメール確認しますね。