某買取屋の備忘録

脱サラして買取屋をやってみたけど・・・

買取 FC 衝撃の事実

 買取FCに加盟している仲間が、廃業しました。

同時期に研修を受けたメンバーが悉く、お店をたたみました。

話を聞いてみると、開店して1ヶ月で話しが違うと感じたそうです

説明会で、高収益、高集客、低リスクなど謳っています

事実は・・・

本当だったら閉店しないか・・・

私のお店は、偶々場所が良かったのか、私がいい男だったからなのかは

分かりませんが、一ヶ月平均110人ほどの来客がありましたが

仲間のお店は、100人なんて、とてもとても・・・と言っていました

買取金額も当然、100万を超えることはほぼ無かったそうです

そうは言っても、110人ほどでは年収1000万以上なんて夢のまた夢の世界

110人では、とても儲かっているなんて言えません

サラリーマン時代の給料の方が遥かに良かったです

110人、30日で一日平均3.6人、これみなさんどう思います

私は買取屋が副業で、本業も別に持っていました

買取屋は、儲かればいいかな的な考えだったので、無駄な経費は一切掛けていません

これが良かったかもしれません

実際、買取屋だけで生業を続けるのは大変だと思います

近くの買取屋覗いて見てください、お客さんが居ますか?

買取屋FC、店舗数300なんて謳っていますが、もう何年もそれ以上増えていません

でも、加盟する人は増えているそうです、あれと言う事は辞める人はそれ以上

と言う事かな

冷静に考えれば解るか

FC本部、凄い儲かるな!

加盟金で、お宝ザックザック

http://www.flickr.com/photos/32528146@N06/4291783689

photo by Financial Georgia

 

閉店した仲間の分析をしてみると

スーパーバイザーから煽られ、お店の内外装にお金を掛け

チラシを湯水の如く入れさせられ、手持ちのお金が無くなる頃合で

止めの基準外(ニセモノ)

この辺りで、心折れ閉店に向かっていく感じですか

商売ですから、儲かるも損するも本人しだい

 

FCは、加盟者を増やして加盟金で儲ける

スーパーバイザーは如何に加盟者から儲けて、FC会社に貢献出来るか

加盟者は如何にお客さんから儲ける事が出来るか

 

今回仲間のスーパーバイザーはいい仕事をしたと言えるのではないでしょうか

仲間が随分チラシを入れたと、嘆いていました

因みに私は一枚もチラシを入れていません(笑)