読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某買取屋の備忘録

脱サラして買取屋をやってみたけど・・・

中国人と切手 そして

おはようございます

今日はどんなお客さんが来るかな

ピ~ンポン

こんにちは

わたしは、こういう者です

名刺を差し出して、張(仮名)です

中国の切手、古銭、中国の物などを集めています

もしお持ちなら、売って頂けませんか

たとえば、中国の切手などないですか?

今、中国切手の在庫は無いです

と言うか、まだ実物を見たことがありません

厚かましく、逆に張さんに今お持ちですか?

と聞いたら、見せて頂きました

これが、有名な赤猿です、とても高いです

f:id:excel1020:20151214102123j:plain

http://www.flickr.com/photos/35995738@N00/4547745089

photo by Effervescing Elephant

他にも沢山見せて頂き、とても勉強になりました

中国切手と台湾切手の違い、なぜ中国切手が高価になったのか

など、正直中国切手には興味がありませんでしたが

張さんが、高く買い取ってくれるとの事なので

俄然やる気が出てきました

私は20代の頃、中国を放浪した事があり、その話で張さんと盛り上がり

後日飲みに行く約束をしました

仲良くなると、すぐに飲みたくなる、私の良いとこです(笑)

 

因みに、赤猿が高い理由

中国最初の年賀切手で庚申年の文字が入っている、

干支の発祥地である、朱色が美しい切手で郵送途中に盗まれるなどで、

市場に流通しなかった事、そして切手ブームに乗り、

賄賂として使われた為など諸説あります

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチットお願いします